温泉の思い出をお風呂について、温泉宿についてつれづれと。

menu

温泉の思い出〜お風呂と温泉宿〜

温泉の効能は使い分けよう

55

日本は温泉天国

私の住む九州も別府温泉という町中が温泉地のような有名な温泉地があります。

大分県の温泉

11温泉は寒い時に入るものと思いきや、近頃知ったのは、ラムネ温泉という大分県の長湯温泉、つまり炭酸泉です。

ラムネ温泉の外湯は32度という大変温度の低い温泉なので、冬に入ったことはないのですが、夏場にぴったりの貴重な温泉です。

この温度のおかげで軽く一時間くらいは入っていられるし、炭酸が肌にのって手でなぞるとシュワーという感触がなんとも面白くてついリピーターになってしまいます。

また、塩湯は温度が高いため、夏に入れるようなものではなく、冬にぴったりの温泉だと思います。

一度入りに行った際、2月だったにもかかわらず、あまりにぬくもり過ぎて寝汗をかいてしまった経験があり、塩湯に入るときは雪のふるような気温の時に限るなと反省した次第です。

行ってみたい温泉

3今大変興味があるのは草津

日本三大名湯のうち草津だけ行ったことがありません。

湯もみするくらいもともとは熱い草津の湯。

ここも雪が似合う温泉地ですね。

また、三朝温泉などに代表されるラジウム温泉も大好きですし、温泉ソムリエになろうかなと近頃考えたりしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

Related Posts (YARPP)