温泉の思い出をお風呂について、温泉宿についてつれづれと。

menu

温泉の思い出〜お風呂と温泉宿〜

仕事前にも温泉

今は結婚して子育て中なので、なかなか温泉に行くことはできませんが、

独身の頃は仕事に行く前に朝シャンがわりに温泉に行ってから出勤するなど、温泉に行くのが大好きでした。(今も好きです)

温泉が当たり前な生活スタイル

秋田の温泉が近くにある地域に住んでいたこともあり、小さいころから温泉に入ることが当たり前のように過ごしていたので。

もともと乾燥肌で特に冬場はかゆくなるので、本当に温泉さまさまで過ごしてきたのですが、肌が敏感ということで入れない温泉もあります。

乾燥肌・敏感肌の人が避けた方がよい温泉

まず一つは海沿いの温泉。

塩化物が入っていると痛いんです。

海沿いの温泉にあまり入ったことがなかった私は、青森の有名な不老不死温泉に行ったとき、海がそばでうれしくて一気に入ったら、ものすごく痛かったのを今でも覚えています。

(肌が敏感でない人には素晴らしい温泉です!!)
もう一つ、痛い思いをした温泉は秋田の玉川温泉です。

何も知らず、最初から強酸性の源泉100%に入った私は、炭酸水に放り込まれたような思いをしました。

50パーセントは少しピリピリ。

(こちらも肌が敏感でない人には素晴らしい温泉です!!)
結果、今では単純温泉を愛し探し求めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

Related Posts (YARPP)